コラム 3D の眼差しVol 8
2003年08月作成
相良です。
今回はデュアルラインカイトのブライドル調整についてです。

これはある意味禁断の領域で,カイトによって調整方法が全く異なったり,フライヤーの個癖により同じカイトでも全く違う調整結果になる場合があります。

特に昨今はトリックの普及により,今までの調整が通用しない場合もあります。
私自身,トリックを完璧に全て行えるとは言い難いので,ちょっとおこがましいのですが・・・
それをあえて行いますので,「これは違うぞ」と思う方もいらっしゃるでしょう。

さて,なぜブライドル調整について説明する気になったかというと,興味本位でツイさわってしまって飛ばなくなってしまったということのないようにして頂きたいからです。
最近のカイトは非常に優秀で,ほとんど無調整でも十分性能を発揮します。ある程度飛ばすことが出来てからチャレンジするのはかまいませんが,購入していきなり調整を始めると、そのカイトの本当の楽しみを知らないままサヨナラしてしまいかねません。
非常に奥が深く,また難しい領域であることをよくご理解頂きたいのです。

まず,昔の話からしましょう。
私がカイトを始めた頃は,風の強弱によりブライドル調整を行っていました。
これをしないと,体ごともっていかれたり,全く揚がらならなかったりと,忙しい思いをしてました。
その後カイトの性能が上がり,風の影響を受けにくいカイトが出てからは,ほとんど調整は行いませんでした。
また,風の強弱によりカイトを交換していたので,なおさらブライドルの調整は行いませんでした。このときは4〜5機ぐらい準備しなければなりませんでした。
更にカイトの性能が上がり飛行可能風域が拡大したことで,日本国内なら2〜3機でほぼ対処可能となりました。
ところがここに来て,ブライドル調整を行わないとスピードが速すぎたり,パワーに負けてしまうのです。つまりフライヤーが保たなくなったということでしょうか。
また,トリックが一般的になると,フライヤーが一番トリックに入りやすい調整というのを模索し始めました。これにより,今までの調整よりもより複雑な調整を試みる方が増えました。

ブライドルは大きく3つに分かれます。
昔からあるのが3点ブライドルです。次に出てきたのがターボブライドルと、アクティブブライドルです。
ターボブライドルとアクティブブライドルは,風域を広げて飛行範囲を広げるために出てきたように思います。
ターボブライドルは上下・左右方向とも調整可能です。
アクティブブライドルはほとんど調整を必要としなかったと思います。ただし私はこのブライドルに興味を示さなかったので,詳しくは分かりません。

調整方法は一般的に,スピードの調整と回転半径の調整に分かれます。
主に上下の移動はスピード調整で,ノーズ側に結び目をもっていくとカイトの速度は速くなります。逆にテール側にもっていくとスピードは遅くなり、揚がりにくくなります。
次に左右の移動は回転半径の調整です。一般にウイング側にもっていくと回転半径は大きくなり,センターよりにすると内回りになります。
共通するのはスイートスポットというのが存在し,そのカイトが一番性能を発揮するポイントがあります。
通常ブライドルには印が付いており,それが真ん中にあるときが一般に一番バランスが良いとされてます。
もし動かすなら,この印より5mmずつ動かしてください。一気に動かすと,思わぬ動きをしたり全く揚がらなくなります。

症状としては上げすぎるとスカスカでラインのテンションがかからなくなり,下げすぎると今度は上に揚がらなくなります。
センターよりにしすぎると直進性が落ち,回転後にふらつきが出やすくなります。
ウイング側にもって行き過ぎると,なかなか曲がらなくなります。
また,難しいのは上下または左右の一方向だけ動かせばいいというものではありません。
問題は3角の立体面でカイトを引っ張っていると言うことです。
すなわち一方向を動かしたつもりでも,実は他の2点も動いているので全く違う調整になることがあるのです。
また,カイトの機種によっても全く違う調整方法があったりします。
特に,今までこの調整が良かったからカイトが変わっても同じブライドルなら良いとかそんなことはありません。

ブライドルとは英語で手綱の意味があります。まさにカイトを自在に操るための重要なものだということを認識して下さい。
それ故注意事項があります。それはオリジナルのブライダルの長さをしっかり把握することです。
当然使用に応じて痛みがひどくなり,時には伸びたり切れてしまうこともあるでしょう。
その時のために、若しくは自分で調整を試みたとき、必ず最初の状態に立ち返るときがでてきます。後悔しないためにもしっかりメモをとっておきましょう。

これで「ブライドル調整編」を終わりますが,このままではつまらないので「NITRO UL」をお持ちの方のために,ブライドルの長さをお見せします。
この調整は主に微風時の規定に重点を置いてます。非常に細かいターンが可能となっています(このように用途に応じた調整を試みる場合もあります)。