コラム 3D の眼差しVol.7
2003年03月作成
相良です。
今回はバレー実践編です。私のバレーを参考に説明して行きます。

まず、選曲から考えましょう。何せ曲が決まってしまえばバレーはほぼ60%完成と言っても過言ではありません。それほど選曲は重要です。
  • 1.最初は聞きまくり
    とにかくジャンルは選ばず、ひたすら聞きまくります。
    もちろんCDショップの視聴器は全部聞きましょう。ネットでも視聴しまくりです。
    その中でいいなと思うアーティストをピックアップします。

  • 2.いよいよ購入(当然レンタルもあり)
    基本的に貧乏なので、まず中古CDを探します。
    それでもなかったら涙をのみながら(奥さんの顔色をうかがいながら)新品購入です。
    残念ながら1枚のCDで使えるのは、せいぜい1曲でしょう。ときには、1曲も使えない事もありますが、そんな時はすぐに売ってしまいましょう(奥さんに見つからないように)。
    *じっくり聞くと、店で感じたイメージと結構異なります。
    使えそうな曲は1曲ずつ10分テープなどに録音します。このときはまだ編集はしてません。
    これで大まかなイメージを作り上げます。

  • 3.フィールドで音楽をかけながら適当に飛ばす
    実はこのときにボツになる曲の多いこと・・・。
    メモ帳を持っていき、合わせ易いリズムを探しながら、マヌーバの骨格を作ります。
    この時点では、曲の一部分だけでもかまいません。1フレーズだけでもチェックしておきましょう。
  • 4.家に帰り、もう一度おさらい
    この時点で、いわゆる「起承転結」のどの部分に当てはめるか構想を練ります。
    1曲全てが使える場合は苦労しませんが、2〜3曲を使う場合は各フレーズのイメージを何らかの形で残しておきます(たとえば録音テープに「起承転結」の「起」だけを書いておくと、初めの部分だというのが思い出し易いです)。
    おおまかな構想が出来たら、編曲します(組合せ方法は、お好きに。たとえばMDに入れて合体していくとか、1本のテープにどんどん上書きしていくとか)。
    自分のイメージに合えばOKですが、ちぐはぐな曲が出来た場合は組み直しましょう。
    次は、出来た曲が規定時間内であるか確認します。私の場合は、個人は3分〜3分半、ペアは4分以内、チームは4分半ぐらいを基準に考えてます。
    これ以下だと、自分の技を使い切らずに終わりますし、これ以上だと技を使い切ってしまい間延びしたバレーになるでしょう。
    こうして、取りあえず幾つかのサンプルテープを作ります。

  • 5.再度フィールドで飛ばす
    もう一度フィールドへ行き飛ばしましょう。このときに大まかなマヌーバを作り上げますが、あらゆる風で試さなくてはいけません。重要ポイントもこのとき押さえておきます。
    バレー演技は、いきなり最初から決めていくわけではありません。いくつかの重要と思われるフレーズから考えていきます。
    こうしないと全体のバランスが取れません。
    前半で得意なトリックを使いきってしまい、後半に何をやっていいか分からなくなりがちです。
    また、風がなくて前へ出たいときも、繋ぎのフレーズと強調すべきフレーズに分けると前に出るタイミングが分かり易いです。更に、マヌーバを忘れたり、なんらかのトラブルで続けられなくとも、強調するフレーズの時に一気に復活出来ると、ある程度誤魔化せますし、自分でも混乱しにくいです。
  • 6.絞り込み
    ここまで来ると、一番気に入ってなおかつ自分の技をアピールできる曲を完成させます。
    これにより、マヌーバを完全に作ります。
    前記のとおり、強調するフレーズを骨格に、ほかのフレーズを繋ぎとしてバランスよく仕上げます。特にウィンドウィンドウの全面使うように考えていきます。
    マヌーバは、カイトの飛行速度がもっとも速い状態でを作ります。
    なぜなら、それ以上速くすることは無理ですが、スピードを殺す方法はいくらでもあるからです(ラインを太くする、長いラインを使う、強風用のカイトを使う、エアブレーキを装着する)。
    更に、操作でもカバーできます。
    前に出たり、ウィンドウィンドウの端を有効に使ったり、繋ぎのフレーズをカットする等、色々な方法があります。
    以上がおおまかな流れです。
ここで、私と藤田さんがペアを組んでる「1X8」の演技を例を取ります。
藤田さんが大量のCDを持って来てくれたので、選曲は非常にやり易かったです。
「MORTAL KOMBAT」というサントラ盤から、「Demon Warriors」を選択しました。
時間は3分39秒で、ペアに使うにはまずまずですが、間奏部分があまりにも長く間延びした感じでした。
そこで、同じサントラ盤から「A Taste of thing to come」を間に入れる方法を取りました。
私は編集にMDを使いましたが、PCをお持ちの方ならもっと簡単なはずです。
MDもPCも無い方は気合いと根性でテープでいきましょう。まず、ベースになる曲を録音します。次に2曲目の間奏を入れるところを探します。
ディスプレイのあるタイプならいいのですが、無ければストップウオッチでカウントします。そこに別のテープに入れた2曲目を無理矢理かぶせます。
意外と簡単そうですが、これをやるには暗記するぐらい曲を聴かないとイメージがわきません。
こうして出来た曲はまさに自分一人のオリジナルで、しかも世界に1曲しかありません。
こんな感じで編集をします。非常に大切な曲を作ってしまったら是が非でもバレーを成功させようという気になりませんか?

さて、1×8のバレーの目玉はなんといってもツインカスケードでした。更にはスネークバックと、速い回転からのアクセルがメインの見せ場です。
加えて、ハイスピードでのクロスオーバーとシンクロを目指しました。
曲を作る視点から他の方のバレー見ると、楽しみを増すことが出来ると思います。

以上でバレー実践編を終わります。
次回は今のところデュアルラインのブライダル調整についてリクエストが有りますが、ご要望がありましたら掲示板にご記入下さい。
では、また・・・