コラム 3D の眼差しVol.3
2002年11月作成


相良です。
今回はクワッドのカイトチューニングについてです。

僕のフライトを見ている方はよくご存じと思いますが、フライトスタイルはあくまでも「スピード」と「パワー」を重点に置いてます。
この条件をクリアするために、当然ながらそれに見合ったカイトを使ってるわけですが、それでも満足していないのでチューニングの必要性が出てきた訳です。
但し、このチューニングはあくまでも僕のフライト条件を満たすものであって、これを真似したからうまくなるというものでもありませんし、カイトの性能を100%出すものでもありません。
僕のフライトスタイルを見て、共感できる方だけが試してみてください。
このチューニングは、明らかにカイトに負荷をかけているので、すぐ壊れるかもしれません。また、それについての保証は一切出来ませんのでご承知願います。

まずは「SHOCK WAVE」です。
このクワッド・カイトは、買ったときには本当にどうしようかと思ったくらい、気に入らなくて苦労しました。
しばらくは使わずにいたのですが、それまで使っていた「REV1.5」がどうしようもないくらい揚がらなくなって悩んでいました。妻に相談したのですが喧嘩になって、しかたなく使い始めました。


--- REVOLUTION KITES SHOCK WAVEの特性と傾向・対策 ---
  • 98年より発売され、従来までの正確性を求むフライトから、スピード・アクション重視として世に出たカイト。
  • 最大の特徴は、リーディングエッジに採用された新設計のロッド「スーパーリーディングエッジ」にある。
  • 従来までの軽量化の理念を覆したこのロッドは、今までのロッドとは比較にならないほどの強度を持つ。
  • この強度が、このカイトの性格をもっとも特徴づけることができたといえる。それを証明するのが、同時期に発売された「REVOLUTION 1・5 SLE」である。
  • 以前のロッドであると、強風になればなるほどリーディングエッジがゆがみ、本来の平面カイトから立体に変化し、コントロールがままならない。また、微風だからといって2Wrapを入れると、その影響がさらに顕著に出る。
変形
ここで補足説明をしますが、カイトは完全な平面だけでは全く飛びません。
ウインドウィンドウが、ドーム型をしているのを思い出して下さい。これに沿った形でないと、風がうまく流れてくれません。
この形に縦のシャフトを入れることによって、下へと風を流しています。
スーパーリーディングエッジは、この理論を元にしてもっとも風を受けつつ、さらに強く風を流すことができるロッドといえます。
これにより「REV1.5」は強風でも全く影響を受けず、更にポテンシャルの高いカイトとなりました。
風の流れ
しかし、「SHOCK WAVE」になると、これには問題が数多くあります。以下に問題点を示します。
  • 微風では全くあがらない。
    これはブライドルに原因がある。あと、重量も一因である。
  • 強風だと強く引きすぎる。
    これは効率よく風を受けすぎているせいである。REVだとメッシュがあるため、うまく風を逃がしている。
  • ターンさせると滑る傾向にある。
    これは「SHOCK WAVE」の特徴の一つである。縦シャフトを4本にしたことにより、より下方へ風の流れを強調している。従ってよりシャープな操作が要求されるといえる。
    REVシリーズとは操作が違うのである。シナジーシリーズに若干近いかもしれない。
以上の点を考慮すると、まずブライドルを早急に改善すべきと考え、調整の経緯と結果を記します。
  • 石狩新港 風速5〜7m/s(推測)
    強風でのテストフライト。脇をホールドしないとストレートに飛ばないことが判明。しかも風が強くないとうまく飛ばない。
    また、リーディングエッジが曲がらないとカイトが走らないことに気づく。微風でも曲がるようにしないといけない。さらに、ハンドル手前のライン調整も必要だ。

  • 旭川忠和公園 風速1〜2m/s(推測)
    ブライドルの長さを自在に調整できるようにした。テストにより、だんだん飛ぶようになってきた。
    このフィールドは内陸で、山も近くにあるためウィンドウィンドウが極端に狭く、下の方の風がないため「REV1.5」ではよく飛ばない。
    ところがスピードが強風の時とさほど変わらない。「SHOCK WAVE」のすごさを感じるが、着地からスタートするまでが遅い。
    今回はトップサイドを縮め、センターを伸ばした。

  • 石狩新港 風速0〜3m/s (推測)
    石狩にしては珍しく風が吹かず、安定しない。
    「SHOCK WAVE」は、ものすごい音を出しながら飛んだ。しかし、風速1m/s以下になると全く揚がらなくなる。調整してもこれが限界のようだ。
    360°をやってみると、一度加速すれば走ってくれるらしい。ついでにストップしても止まっていられない。重くて落ちてしまう。
    ポイズナイビーもできるようになったが、どうしてもボトムにブライドルが絡んでしまう。そのため、サイドとボトムに絡み止めのボウラインをつけてみた。思った以上に効果有り。
    試しに「REV1.5」を飛ばしてみる。ちなみに「REV1」のセイルを切ってDUALのロッドを入れたものだ(以前の「REV1.5」は微風では完全に揚がらなくなってしまった)。
    これが面白いくらい揚がる。しかし、全くスピードがない。しかしよく止まっていられる。非常に対称的な仕上がりになってしまった。

  • 石狩新港 風速4〜7m/s(推測)
    試しに曲を入れてみた。今までの曲で合わせてみるが、ステップターンが遅いため思うように合わせられない。構成から作り替えなければならない。
    ただ、カセットターン(注1)は何とかなりそうだ。スパイク(注2)も強烈に決まる。
    また、ストップしてからのスタートがどうしてもワンテンポ遅れてしまう。曲のイメージが一新しそうだ。
    注1:カセットターン
    僕のよく使うターンで、要するにスピードがあって切れのいいターン。バレーでよく使う。
    注2:スパイク
    これもよく使う技で、「これでもか」という位思いっきりトップスピードでチップランディングする。本当によく決まると地面に刺さって抜けなくなるくらい。

  • 旭川忠和公園 風速1〜2m/s(推測)
    どうもブライドルが伸びてしまった気がする。以前の精細さが感じられなくなった。ついでにセイルにシワが寄ってきた。
    このチューニングは、カイトにかなり負担をかけているようだ。
    それと、ホバリングや、バックが安定しない。ブライドルを計り直してみると、やはりずれていた。ブライドルラインを200ポンドから250ポンドのケブラーに変えた。

  • 石狩新港 風速0〜1m/s(推測)
    雨上がりなのに全く風がない。先日買ったライン50ポンドを出してみた。
    「REV1.5」から揚げてみたが、良く揚がる。ただし演技に支障はないが、スピードがない。バレー演技にはかなり苦労しそうだ。
    「SHOCK WAVE」は、0.8m/sくらいが限界だろう。でもスピードは出るが、細かい演技はやはり苦手だ。規定は無理だろう。

  • モエレ沼公園 風速3〜5m/s(推測)
    久々のイベント参加。モエレ沼公園は非常に狭く、風も巻くためフライトフィールドとしては最悪。しかも隣は林だ。
    ラインは80ポンド26mがベストだ。また、風が巻いてもあまり関係がないのがよくわかった。ただし、連続でダッシュするときは結構つらい。どうしても下がってしまう。

  • 石狩新港 風速2〜3m/s(推測)
    ブライドルが切れてた(どうも遅いわけだ)。
    250ポンドから300ポンドにアップした。ラインも上の二本だけ負担がかかっているようだ。

以上の結果を基に、下図に示すブライドルでほぼ決定しました。ラインは80ポンド26mがベスト、微風用に50ポンド26mと言うセッテイングになりました。
ただし、カイトにかかる負担が非常に大きく、セイルのゆがみも激しいため、2〜3シーズンが限度と思われます。
個人差にもりますが、透明部分の破れ、セイルの破損、リーディングエッジ部の破れ等が出てきます。更には、強風では非常にテンションが高くなりすぎ、コントロール不能に陥りやすいため、「SUPER SONIC」の使用を薦めます。
こちらはほとんどノーマルでも非常に完成度が高く、調整もなくそのままいけるでしょう。

操作の方はターンが非常にシビアで、Dual Line Kiteのように失速させることなくフォワードを入れながら、ワンショックで入れるという高度な操作が必要です。
ただし、これによりREVシリーズよりも格段に早いターンが可能です。規定も、テンションを逃がすことなくフォワードを押さえながらだと、かなり安定することが判明しました。この際はラインを30mにする事を勧めます。
ブライドル
総合的に「SHOCK WAVE」は規定、バレーともに「勝つための」カイトといえます。
ただし、それには今まで以上の練習と研究が必要です。
また、あまり勧められませんが、1m/s以下でフライトしたい場合はリーディングエッジを入れ替えると、よく飛んでくれます。センター4ラップ・エッジ3ラップが一番軽くなります。
しかし、判断を誤ると本来の性能を損ねてしまうので注意が必要。あと、弱・中風時は縦4本のロッドは2ラップの方がよさそうです。
BLAST
さて、「BLAST」を試す機会があり、色々テストしました。結果は僕のフライトスタイルと合わず、購入は見送りましたが、このテストは僕のチューニングにとっても大きな改革となりました。
まずブライドルのポイント変更で、更にウインドレンジが増し違和感なくウインドエッジでの操作が可能になってます。
また、この大きさでの[SLE」ですが、よく見るとULバージョンになってます。これは付属のロッド(HW)と比較すると分かりますが、より、しなりやすいロッドを使うと風のホールド性が増し、微風での操作が可能となってます。
これと同じことを、僕はブライドルで無理矢理やった訳ですが、やはりロッドを替えることでより素直な飛びになります。
このカイトは初心者でも安心して飛ばせて、なおかつ規定が得意と考えました。

これに近いのが「SUPER SONIC」です。だから風があれば、「SUPER SONIC」はチューニングしなくても、そこそこ操作しやすいのです。
但し、それでもホールド性では「BLAST」の方が断然上です。
そこであえて今までのデータをフィードバックしつつこのニューカイトの技術を取り入れてみました。
ブライドル2
これで、スピードが更に増したにもかかわらず、安定性もあり、キレも十分です。強風時の対応も可能になりました。
以上で僕のクワッドチューニングは終わりですが、未だ発展段階なのでこれからも進化し続けるでしょう。

チューニング時の心得としては、ノーマル段階の状態をよく調べることです。
そのカイトの特色をよく考えて、どういった方向性を求めていくかをしっかり考えましょう。本来の性能を失っては本末転倒になりかねないからです。
また、最初の状態をよく覚えることです。僕の場合はノーマルのロッドやブライドルを全てとってあり、チューニングの記録も取っています。方向性を見失ったときすぐに原点に立ち返るためです。
更には、様々な方から聞いた情報はあくまでも情報として聞いてください。その通りにしたからといってその方には最良でも、自分にとっていい結果になるとは言い切れないからです。
これで、更に自分なりに進化できるかもしれません。フライヤーとして飽くなき追求をしてください。